2006-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オシムJAPANに期待するもの。

W杯も決勝トーナメント1回戦が終わりベスト8が出そろいました。

けいパパも全試合とは言わないまでも、決勝トーナメントに入ってからほとんどの試合を録画などしてチェックしています。

グループリーグを勝ち上がった強豪国が勝利のために、なりふり構わず全身全霊をかけて闘う姿をみていると、けいパパも自然と試合に引き込まれます。

お互いに2人づつ退場者を出しながら死闘を演じたポルガルVSオランダ戦、嘔吐するまで走り続けたベッカムなど彼等の勝利に対する執念は本当に凄いです。

そんな試合を見ながら、ふと日本代表が生死を賭けた彼等と試合をしたら、いったいどうなるのだろう・・・

などど頭の中で思い描いて見ますが、日本代表が生死を賭けて試合に挑んでくる強豪国に対して、気後れすることなく生死を賭けた戦いをしている姿がイメージ出来ないのが現実だったりします。

技術的にも体格的にも強豪国に劣る日本代表なのですが、やはり一番足りないのはメンタル的な部分にあるように思います。

もし、画面上からでも解るくらい生死を賭けて、なりふり構わず勝ちに行く姿が見られるような試合をしていたら、オーストラリア戦やクロアチア戦の結果は変わっていたかもしれません。

日本人選手から「自分が世界でどこまで通用するのか確認したい。」と言った類の言葉が良く聞かれますが、

W杯は国、チーム、選手自身の誇りと名誉を賭けて全身全霊を注いで勝利を求めて闘う場であることは、決勝トーナメントを見れば、けいパパのようなシロウトでも何となく解るのですが、

日本代表の選手全員がW杯の本質的な部分を認識しているようには見えませんでした。

それが、記者会見で「日本代表に足りないモノは何か?」と言った質問に対して、ジーコが「プロフェッショナルとしての意識の欠如」と言った言葉の真意のような気がします。

サッカー協会は、次期監督にオシムと交渉しています。

個人的にはオシムのサッカーは大好きなので、練習時間の短い日本代表でオシムのサッカーが出来るのならオシムが監督になることは大賛成です。

そして、オシムなら選手に闘う気持ちを植え付けられる監督であると信じています。

2010年のW杯の時に、「W杯には勝つために来た」と言ったコメントが選手達から聞けるようなチームを作ってほしいです。
スポンサーサイト

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

・・・・。

ごぶさたしてます。けいパパです。

5月の末ごろから仕事が忙しくて、ここのところ、

起床→仕事 (毎日残業)→帰宅(平均9時ぐらい)→晩御飯・風呂→W杯を見る→疲れているのでブログの更新をサボル→就寝

のサイクルを続けていました。


サッカー日本代表、決勝トーナメント進出できなかったですね。

けいパパも今日のブラジル戦は4時起きして見ていたのですが・・・。

試合後に中田ヒデが一人で目を赤くしながらピッチに倒れ込んでいる姿が印象的でした。

そして、そんな彼の元に誰も駆け寄らなかったのを見て、WBCの日本代表にはあって、このチームには無かったのもが見えたような気がします。

もの凄く寂しいです。

テーマ:FIFA World Cup 2006 - ジャンル:スポーツ

«  | HOME |  »

プロフィール

けいパパ

Author:けいパパ
スポーツとラーメンと家族を愛する徳島県在住の30代の男です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。